弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚の手続き

離婚時の話し合いのポイント⑦ 姓と戸籍の問題

結婚後、大半が夫側の姓を名のるため離婚の際に姓の問題がでてくるのは女性の方が圧倒的に多いことでしょう。
婚姻の際姓を変えた場合は、離婚後は旧姓に戻るのが原則ですが、婚姻中のままにしておくことも可能なので、しっかりと考えて決めておきましょう。
※婚姻中の姓をそのまま使う場合は、『離婚の際に称していた氏を称する届』を離婚成立日から3ヶ月以内に提出する必要があります。

また、子供は原則として婚姻中の両親の姓を名のることとされているので、離婚の際に旧姓に戻ることを選択した場合、一緒に暮らしていく親子で姓が異なる場合がでてきてしまいます。

子供も旧姓にしたい場合は家庭裁判所にいって子の氏の変更許可を申し立てる必要があります。これはかなり重要な問題になってきますので、子供ともしっかりと話し合う必要があります。

戸籍も同様に、子供は原則として婚姻中の戸籍に残ることとされていますので、最寄の市区町村役場の「戸籍係」にいって、『入籍届』を提出しなければ、子供を自分の戸籍にいれることはできません。