弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚の手続き

離婚時の話し合いのポイント⑤ 慰謝料

夫に浮気された、暴力を振るわれたなど、心身にダメージを受け、それが原因で離婚に至るケースもあります。

慰謝料とは、離婚の原因を作った側が身体的、精神的な苦痛を被った側に支払う、損害賠償金のことです。

  1. 慰謝料が認められる要因としては以下のようなものがあります。
  2. ・身体的暴力
  3. ・精神的虐待
  4. ・不貞行為(浮気・不倫)
  5. ・金銭の浪費
  6. ・借金
  7. ・性交渉の拒否
  8. ・病気の隠蔽
  9. ・過剰な宗教活動
  10. ・犯罪行為など

つまり、夫婦のどちらか一方に主たる有責行為がある場合に慰謝料の請求が認められると考えられます。ただ、慰謝料の請求を相手に認めさせるには、しっかりとした証拠が必要となるようです。