弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚の手続き

離婚時の話し合いのポイント① 親権・身上監護権・財産管理権


未成年の子供がいる場合は親権について話し合わなければなりません。基本的に「親権」とは総称であり、法律的には「身上監護権」と「財産管理権」に分かれます。
「身上監護権」は子供の身の回りの世話、教育、しつけをしたりすることです。
「財産管理権」は子供の財産を管理する、または法律行為をする必要がある場合に、子どもに代わって契約、訴訟などの法律行為をすることです。
しかし、子供が財産を保有している場合や、法律行為を行うことはとても稀なことです。
それでは、なぜ親権が「身上監護権」と「財産管理権」に分かれているかというと、親権者から監護権を切り離すことがあるからです。ケースとしては、監護権を夫婦の両親、親戚、児童福祉施設等の第三者に取り決め、親権者となったほうと共同で行使する必要がある場合などです。また、親権者は離婚後の状況や事情によって変更することが可能です。その際は、子供の親族関係者が家庭裁判所に調停・審判を申し立て、現在の親権者が子供に対して、面倒をみていない、教育しない、虐待している、何らかの原因で育児ができない状態にあるなどの理由がある場合、親権者の変更が認められます。