弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚に関わる法律のこと

法的離婚事由⑤ 婚姻を継続しがたい重要な事由

民法第770条1項5号において、「その他、婚姻を継続しがたい重大な事由」と定められていますが、あまりに漠然としていて、なにがそれにあたるかわかりません。
1号〜4号で事由がそれぞれ定められていてその後に5号があるので、1号から4号以外で「婚姻を続けていけない」ことを広い意味で規定していると考えてよいでしょう。
離婚に至る理由は、その夫婦の数だけあると思います。
理由はおなじでも、その程度によっては離婚事由と認められたり認められなかったりする場合があります。

裁判所は夫婦双方の言い分を配慮し、判断をしなくてはいけないのです。

  1. 第5号に基づき争われる可能性のある事例
  2. ■ 性格の不一致
  3. ■ DV(ドメスティックバイオレンス)
  4. ■ 経済的問題(ギャンブル・金銭トラブル)
  5. ■ 性の不一致
  6. ■ 宗教上の問題
  7. ■ 姑問題・その他の親族との確執の問題