弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚に関わる法律のこと

「不貞行為」に関するよくある質問

Q.キスは不貞行為?
「キスしているとろを見た」「キスしている所を見つけて、認めさせた」 等では不貞行為とは認定されません。


Q2.風俗は不貞行為?
「できごころで1回限り!」と言い訳したところで不貞行為に違いはありません。 ですが、それがイコール離婚原因となるかといったら、それは難しいかもしれません。 しかし、1度限りといいながら、その後も何度も同じような行為をしたり、やめてくれとたのんでもやめなかったりすると、民法第770条第1項号第5号の「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認められることもあるでしょう。


Q3.別居中(婚姻関係が破綻した後)での不貞
原則として、不貞行為をした側からの離婚請求は認められません。 特に、夫婦間に未成年の子供がいたり、離婚後に相手方が経済的に厳しい状況に置かれる可能性がある場合などは離婚請求は認められません。
ただし、別居期間が同居期間より長期であるとか、子供が独立して生計を立てているなど、すでに夫婦としての実態がなく、婚姻関係の回復の見込みがない場合は離婚請求を一定の枠内で認める判例もでています。