弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚雑学

江戸時代の離婚

江戸時代の武士の制度である、江戸幕府法では武士が離婚するには、夫の家の当主と妻の実家の当主から、お互いがよく話し合い離婚する旨の届け出書をそれぞれ幕府に提出すれば離婚が認められました。

また、庶民の離婚はもっと簡単で、離婚届さえも必要なく、たんに、夫が離縁状を書いて妻に与えればよかったようです。

武士の場合には、夫の単独意見で離婚する場合でも、男女両家の合意によるという形式でしたが、庶民の場合には、離縁状を書けるのは夫だけであり、実質、形式ともに夫の専権離婚でした。 なお、離縁状の内容は自分はお前を離婚するという文言と、離婚するからには、女は再婚しても構わないという文言から成っていました。