弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚と子供

育児休業について

労働者は男女は問わず、育児休業を取得することができます。

■条件【育児・介護休業法 第5条より】
・日々雇用されている者は除く
・同一事業主に雇用された期間が1年以上
・子が1歳に達する日を超えて雇用が継続することが見込まれる
・子が1歳に達する日から1年以内に労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかでないこと


■期間【育児・介護休業法 第2条、第5条より】
・原則1歳まで
・以下の場合は1歳6ヶ月まで育児休業を取得できる
(欅藹蠅貌所を希望しているが、希望で着ない場合
∋劼陵椣蕕鮃圓辰討い詛朸者であって、1歳以降子を養育する予定であったものが、死亡、負傷、疾病、別居等の事情により子を養育することが困難になった場合


■手続き
原則として1ヶ月前に申し出することが必要
※ただし、早産で生まれたり、配偶者の死亡や病気、配偶者が子と同居しなくなったことなどの事情がある場合は1週間前でも認められる場合があり