弁護士に気軽に相談したい方 ロイプロお悩み掲示板
弁護士をお探しの方 弁護士プロフィール検索サイト ロイヤーズプロフネット

Valid HTML 4.01 Transitional

当ページは、W3C勧告に従い正しい文書構成による制作が証明され、上記バナーの使用許可を得ております。


離婚を考える

離婚の種類② 調停離婚(ちょうていりこん)

お互いの話し合いがまとまらない場合、例えば離婚するのを片方が認めない、または双方とも離婚には同意しているが、親権、慰謝料、財産分与等の問題で話がまとまらない場合に、家庭裁判所に調停の申し立てを行い、法的に第三者を入れて話し合いを行います。
この調停離婚の最大の目的は第三者の介入による、「調停調書」の作成、つまり記録に残すということです。
メリットとしては、この話し合いで合意が成立すると判決と同じ効力がある、相手に会いたくない場合でも別々の部屋で調停員と話し合いを進められる等があります。